木曽の漆器祭りと梅酒

2013年06月17日

 6月7,8,9日の3日間木曽平沢で行われた木曽の漆器祭りに行って来ました。お世話になっている「まる又漆器店」の社長さんにお誘いいただき、今回はいつもとは異なるルートで品川駅から名古屋まで新幹線を使い、名古屋で昼と夜別々に知人と会って会食し1泊、翌朝名古屋から中央本線特急松本行きに乗り約1時間40分で木曽平沢駅に着きました。

 お祭りのため特別停車したと言う駅は谷の途中にある小さな駅でした。空を見上げると両側を山と山に挟まれた空間のその上に抜けるような青空が見え、山々の緑もとても美しい木曽平沢。今年はなぜか祭りの人出が例年に比べると少ないという事で、確かに思い描いていた祭りの様子ではなかったのですが180店舗もの店が軒を連ねて並び、それぞれの店が店頭に自慢の作品を並べていたのは圧巻でした。まる又漆器店はその村のはずれにあり、店頭に並べるのを良しとしない店主の意向で来客は店内に入ってゆっくり銘品を選んでおられました。私も早々とお盆と菓子入れ用の素敵な漆器をゲットしたので、安心してその日は他の店を見て歩いたり木曽の空気をいっぱい吸って森林浴も楽しんできました。

     IMG_0923        IMG_0929      IMG_0924          

      木曽漆器祭り       名工伊藤様の作品(お盆と菓子用?器)

 木曽に住む友人も一日中付き合ってくださり、二人で時間を忘れてお喋りを楽しみ、塩尻駅前のホテルに一泊して、9日(日)朝中央線に乗って昼過ぎに新宿に戻り、無事帰宅。

 家に入ると???見慣れぬものが台所にあるではないですか。主人にこれどうしたの?とたずねると、自分で作ったよ、との返事。いい加減に作ったのでしょう~・・・と言うとインターネットで調べて材料も、全部レシピ通りにやったから大丈夫、今は便利だねぇ~なんでもネットで学べるんだから、とうれしそうなドヤ顔。出かける前に今年は庭の梅が豊作なのでどうしよう~と私が話していたのを聞いて、留守中に人生初めての梅酒作りに挑戦していたのでした。これまでにない事なので本当にびっくり!!下の写真右側が主人の作りたてホヤホヤ梅酒、左は20年経つた私の手作り梅酒。主人の梅酒が20年経つまでお互いに生きていたらバンザイ!!

            IMG_0926

  • ビジネス&プレスルーム
  • プロフィール
  • 折々の無駄ばなし
  • 海外のいろんなもの
  • 特定商取引法(通信販売)に基づく表記
  • お問い合わせ ご注文専用電話番号 0424-78-2364 受付時間 10時~17時(土・日・祝祭日は除く)
  • メールでのお問い合わせ

このページの先頭へ