ダブルラッキーだった日

2013年02月17日

 このところ物を失くすことが多く、その失くした状況を覚えていないと言う全く困った事が度々あるのです。これまで忘れ物と物を失くさないと言うのがたった一つの自慢だっただけに大ショック!娘からは「忙しすぎるからよ・・・」夫からは「もう歳だから仕方がない、気にするな」と慰められているのですがそんな私が最近面白い経験をしてとても嬉しかったのでご紹介いたします。

 先ず最初は家と車のカギと一緒になったキーホルダーを失くした事です。いつも置き場所が決まっていてその日もカギを使って家に入ったのにその後あるべきところにない!のに気が付き思い当るところを全部探しても出てこないままいつかどこかから出てくるでしょうと他のキーを使っていました。

 それから丁度1ヶ月後の2月8日、駅でPASMOのチャージをしたのです。落とした時のことを考えていつもは千円しか購入しないと決めているのにその日は2,000円分を購入し一瞬落としたら・・・と思いながらなぜか太っ腹?でそのまま購入、改札も通り30分後に目的地の改札を出ようとしたらPASMOがない!コートのポケットもバックの中身も全部出して探しても見つからず結局行きも帰りも切符を購入して帰宅。どこでどのようにして失くしたのかなにも状況が浮かばない自分にまたまたショック、「なぜか落としそうな気がしたのよね、もう出てこないよね」と娘に話しその日の悔しい気持ちを静めました。

 その翌日(9日)は気功教室の日、家にPASMOがもう1枚あるはずなのでそれを使用しようと思ったら、これが又どこに置いたかド忘れ、バックのポケットにあるはずと心当たりのバックを探してもどれにもないので何気にイベント出店の時だけに使用するポシェットに手を入れてビックリ、なんと家の鍵があったのです。

              IMG_0766 

        ミラクルその1  一ヶ月ぶりに出てきたキーホルダー

 見つけたぁ~と喜びながらもなんで、どうしてこんなところにいれたのだろう・・・とこれが又不思議。カギが見つかった嬉しさでPASMO探しはあきらめて駅に行き再度購入前に「もしかしたら届いているかも、ダメもとで聞いてみようと~」と遺失物係りの駅員さんに事情を説明し、いつ購入したか、どこで失くしたか、名前入りなのか等々尋ねられ、昨日購入し領収書を持っていますと渡すと

 駅員さんは「これがあれば調べられます」と別の部屋に行き暫くして戻って来て「届いていましたよ、有りました」とおっしゃったのです。ダメ元と思っていたのですから信じられない出来事にその瞬間は声もないほどの驚きでした。領収書にPASMOのナンバーが記入してあり、照合すると判明するとの事。ホームにいた駅員さんが拾って届けてくださったのだそうですが、「同じ日に2個も失せ物が出てくるなんて一体今日はどうなっているんだろう~」と興奮してしまい、嬉しくて何度もお礼を言って受け取ってきましたがこんなミラクルって有り!!なんですね。

                                               IMG_0764

     ミラクルその2 いつも使用しているパスモケース。 長年使用していたので                                                       皮がゆるんでいてすべり落ちたのです。親友からの手作りプレゼントなので捨てられません。

 後日友人達とランチをしながらその事を話すと「そんなのってあるの・・・」と驚きながらも「PASMOの領収書は無視していたけどこれからはしっかり貰っておこう~知らなかったぁ~勉強になるね、」とおばちゃんトークにためになる?話題提供も出来ました。駅の遺失物を取り扱うPCにはたくさんの落とし物記録が残っていて、届けてくださる大勢の親切な方がおられる事も初めて知りました。もし駅で落し物をされたらみなさんもあきらめないで一度届けてみてください。立て続けの忘れ物失敗に懲りて、老後の物忘れ対策を切実に感じています。なにか発明のキッカケになるかも・・・

追記 2月20日 ド忘れPASMO名刺入れから出てきました。                                  どうしてここに?相変わらず状況不明。

 

  • ビジネス&プレスルーム
  • プロフィール
  • 折々の無駄ばなし
  • 海外のいろんなもの
  • 特定商取引法(通信販売)に基づく表記
  • お問い合わせ ご注文専用電話番号 0424-78-2364 受付時間 10時~17時(土・日・祝祭日は除く)
  • メールでのお問い合わせ

このページの先頭へ